賃貸物件の窓の断熱対策と結露対策についてご紹介 | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
賃貸物件の窓の断熱対策と結露対策についてご紹介

賃貸物件に住んでいる方はアルミサッシ窓の周辺は寒く感じるかもしれません。
冬場の断熱対策は、結露にも繋がることなので重要になります。
今回は、賃貸物件でできる窓の断熱対策と窓断熱を利用した寒さ対策グッズ、結露対策についてもご紹介します。


賃貸物件でできるアルミサッシの窓の断熱対策

 

賃貸物件の窓に耐熱性が低いアルミサッシは多いです。
アルミサッシが多い理由と断熱性能が低い事による問題をご紹介します。
アルミサッシが多い理由は、コスト的に安いことと軽さでしょう。
また、腐食に強い、加工がしやすいという理由もあります。
一見アルミサッシはメリットが多いように見えますが、生活するうえでデメリットもあります。
まず、断熱性能の面で冷たい空気が部屋に入ってきやすいということです。
そして、結露が発生しやすく、アルミサッシにカビが生えやすいというデメリットもあります。

 

賃貸物件でできる窓断熱を利用した寒さ対策

 

賃貸物件でできる窓断熱を利用した寒さ対策グッズについて、ご紹介します。
窓断熱を利用した寒さ対策グッズは以下の3つです。

緩衝材

メリットは100均でも買えるくらい安価なことです。
ただ、緩衝材は剝がれやすいです。
また、緩衝材と窓の隙間が結露してカビが生えやすくなります。
長期的にでなく、今だけ寒さを凌げれば良いという短期間で応急処置程度なら使ってみるのも良いでしょう。
大きめの緩衝材が買いたい場合は、ネットショップかホームセンターで購入するのがおすすめです。

 

プラダン

プラスチックの段ボールをプラダンと言います。
プラダンは、切り貼りしやすいメリットがあり、窓ガラスの内側に貼ると寒さ対策になります。
ただ、固定するのが難しい点には注意が必要です。

 

断熱シート

断熱シートは、窓ガラス全体に貼ることができます。
外と内側の空気に層を作って冷気を抑えて結露しづらくなる構造になっています。

 

賃貸物件でできる窓の結露対策

賃貸物件でできる結露対策グッズをご紹介します。

 

結露防止シート

窓に貼り付けるためのテープが不要なので、簡単に取り付けることができます。
シートにはいろいろな柄があるのでインテリアに合わせたシートにしてみるのも良いでしょう。
外からの目隠しになるタイプのシートもあります。

 

結露防止スプレー

スプレーはかけるだけなのでかなり手軽に結露防止対策ができます。
スプレーの効果は、約2週間。
種類によっては、防カビの結露防止スプレーもあるので、防カビが気になる方はこちらのタイプもおすすめです。

 

まとめ

 

アルミサッシは、コスト的に安いことと軽さ、腐食に強い、加工がしやすいメリットがあります。
デメリットとしては、寒さが部屋に入ってきやすいことと結露が発生しやすく、アルミサッシにカビが生えやすいことが挙げられます。
窓断熱を利用した寒さ防止対策グッズには、緩衝材、プラダン、断熱シート、結露防止対策グッズには、結露防止シートと結露防止スプレーがあります。

 

投稿日:2022/09/20   投稿者:-