部屋の広さで暮らしはどう変わる?10畳の部屋での生活について解説 | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
部屋の広さで暮らしはどう変わる?10畳の部屋での生活について解説

部屋の広さは、賃貸物件を選ぶ際に重要な要素です。
広ければ家賃は高くなる一方、狭いと生活が不便になる可能性があります。
内覧した際には広い印象を受けても、実際にベッドやテーブルといった家具を置いてみると、想像以上に狭く感じるケースも少なくありません。
そこで今回は10畳の広さの部屋について、一人暮らしとの適性やレイアウトのコツを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

10畳の部屋はどれくらいの広さ?

10畳の部屋は文字どおり畳10枚分の広さですが、その面積は実は地域や物件によって異なります。
なぜなら、畳には中京間や江戸間、団地間など複数の種類があり、それぞれ大きさが違うためです。
関西地方などで使われる本間を基準にすると、10畳は18.24㎡になります。
一方、公営団地やアパートで使われる団地間を基準とした場合の10畳は、14.45㎡と小さめです。
なお、賃貸物件では公正競争規約施行規則により、一律で10畳=16.2㎡と規定されています。
しかし部屋の構造によっても広さの感じ方は異なるため、直接訪問し自身の目で広さを確認することが大切です。

10畳の部屋での一人暮らしはどんな感じ?

一人暮らしをするために必要最低限な面積は、国土交通省の調査では25㎡とされています。
この25㎡は玄関やお風呂、トイレなども含めた面積なので、生活スペースの面積は6畳から8畳程度になるのが一般的です。
間取りが1Kでキッチンと部屋が分かれている物件は、10畳のすべてを生活スペースとして使えます。
1Kで10畳の広さは、一人暮らしには十分な広さなので、趣味や仕事でスペースを使う方にもおすすめです。
一方、居住空間にキッチンの面積も含まれるワンルームの物件では、実質的な生活スペースは7畳から8畳程度になります。
この広さでも一人暮らしには十分ですが、10畳という数字だけに惹かれて物件を決めると、想像より狭かったという事態も発生するので注意が必要です。
また、ベランダやバルコニーの有無、収納スペースが部屋面積に含まれるかどうかにもよってライフスタイルは変わってきます。

10畳の部屋に住む際のレイアウトのコツ

1Kの物件では、10畳の空間をフルに生活スペースとして利用できるため、幅広いレイアウトが可能です。
2~3人掛けのソファを置いても十分余裕があり、配置次第ではダブルベッドも置けるでしょう。
仕切りとしての家具を置けば、寝るスペースと生活スペースを明確に区切ることも可能です。
ワンルームの物件は、1Kの物件に比べると生活スペースが狭くなるので、家具はコンパクトなものを選ぶことで暮らしやすくなります。
キッチンが部屋の内部にあるため、ベッドを窓際に寄せるなどキッチンと生活スペースを分ける工夫も重要になるでしょう。

 

まとめ

10畳の部屋は1K、ワンルームどちらの場合でも、一人暮らしにとっては十分な広さです。
その部屋でどんな暮らしがしたいか、どのような家具を置きたいかをしっかりイメージして住む部屋を決めてみてください。

投稿日:2022/09/06   投稿者:-