賃貸物件における換気扇掃除の費用負担は?掃除方法と注意点も解説! | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
賃貸物件における換気扇掃除の費用負担は?掃除方法と注意点も解説!

換気扇は普段の掃除では目につきにくい部分ですが、放置すればするほど汚れが取りづらくなります。
掃除不足が原因で故障してしまった場合、誰が掃除費用を負担するのでしょうか。
そこで今回は、賃貸物件における換気扇掃除の費用負担の所在と換気扇掃除の方法と注意点を解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件における換気扇掃除の費用負担は?

物件に付随する設備が故障した場合、貸主と借主どちらが修繕費用を負担するのかという内容が賃貸借契約上で定められています。
換気扇掃除に関しては、入居者が費用を負担しておこなうことが一般的です。
掃除を業者に依頼する際の費用や、入居者の怠慢による掃除不足で換気扇が壊れた際の交換や修繕費用は、借主負担となるケースがほとんどです。
借主には部屋を退去する際に原状回復義務がありますが、換気扇の汚れをあらかじめきれいにしておけば原状回復費用を抑えられ、返還される敷金も増えるでしょう。
そのため、換気扇はこまめに掃除して、清潔な状態を保つことが大切です。

賃貸物件における換気扇掃除の方法は?

換気扇掃除は、まずカバーとファンを外し、汚れを落とした後、再びファンとカバーを取り付けるという手順で進めましょう。
汚れを落とす際の道具は、台所用の中性洗剤、掃除用クロス、歯ブラシの3つです。
ファンに洗剤を吹きかけてから歯ブラシで汚れを擦り落とし、最後にクロスで汚れを拭き取れば完了です。
数年間換気扇掃除を放置していた場合は、これらの道具だけでは汚れが落ち切らない可能性もあるので、重曹スプレーも一緒に塗布して数分放置してから拭き取りましょう。
また、換気扇の汚れは放置すればするほど落ちにくくなるため、3か月に1回程度の頻度で掃除するのがおすすめです。

賃貸物件における換気扇掃除の注意点は?

賃貸物件における換気扇掃除の注意点として、掃除する前に必ずブレーカーを落とすことが挙げられます。
電気が通っている状態で掃除した場合、換気扇の電源を誤って入れてしまうと、指を挟むなどして怪我する危険があります。
2点目の注意点は、最低でも年に1度は掃除することです。
数年間掃除しなかった場合、換気扇の内部にカビが発生して異臭がしたり、換気力が弱まったりする可能性があります。
3点目の注意点は、むやみに掃除しないことです。
ファンやカバーなどを無理やり取り外すなどで壊れてしまった場合は、さらに修理費用がかさむため、自分で掃除することが難しそうだと感じたら無理をせず、業者に依頼することをおすすめします。

 

まとめ

賃貸物件における換気扇掃除の費用は、基本的に入居者の負担になります。
そのため、換気扇はできれば3か月に1回の頻度で掃除して、清潔な状態を保つことが大切です。
ただし自分で掃除することが難しいタイプの換気扇の場合は、無理せず業者に依頼しましょう。

投稿日:2022/08/30   投稿者:-