賃貸物件で生ゴミはどう扱う?保管のコツやおすすめの保管場所を解説! | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
賃貸物件で生ゴミはどう扱う?保管のコツやおすすめの保管場所を解説!

生ゴミは家庭で出るゴミのなかでも、やっかいな存在のひとつです。
生ゴミは放置するとさまざまな問題を引き起こし、場合によっては近隣トラブルにも発展する可能性があります。
とくに面積が限られており、隣家と密接した賃貸物件では、どのように保管するかが重要な問題になるでしょう。
そこで今回は、賃貸物件における生ゴミの保管方法について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件で生ゴミを放置するとどうなる?

養分が豊富で湿り気のある生ゴミは、放置するとすぐに虫が湧いてしまいます。
ショウジョウバエやノミバエといったいわゆるコバエだけでもやっかいですが、長期間放置した際には、ゴキブリやネズミの発生につながる場合もあるでしょう。
また、目に見えない雑菌も繁殖しやすいため、放置した生ゴミはすぐに腐敗し、いやなにおいを発生させます。
この腐敗臭は生ゴミを処分したあとも残りやすく、ドアの隙間や窓から漏れて隣家にも影響を与える可能性があるので注意が必要です。
さらに、生ゴミを養分としたカビが繁殖した場合、その胞子は空気中に漂い室内に充満します。
カビの胞子は設備や食品をダメにさせるだけでなく、体内に入ると深刻な健康問題を引き起こすケースも少なくありません。

賃貸物件に適した生ゴミの保管方法

生ゴミの扱い方としてもっとも理想的なのは、ゴミが出た日にすぐ処分することです。
しかしゴミ出し日の兼ね合いやスケジュールの問題で、何日か家に保管しなければいけない場合もあるでしょう。
そういった際に役立つのが、冷凍庫を使った保管です。
生ゴミをビニール袋などで密閉して冷凍庫に入れることで、微生物の繁殖を防ぎ悪臭の発生が防げます。
出たばかりの生ゴミはまだ腐敗が始まっていないので、すぐに冷凍庫に入れれば衛生的にも問題ありません。
虫の発生や腐敗には水分の影響が多いため、新聞紙などで水気を取ってから保管する方法も、腐敗を防ぐためには有効です。
また、購入費用や電気代はかかりますが、生ゴミ処理機を購入すると自宅で生ゴミが処分できるので、保管場所やゴミ出し日を気にする必要がありません。

賃貸物件で生ゴミを保管するおすすめの場所

先述したように、生ゴミの保管には冷凍庫が便利ですが、入る量には限界があります。
そういった場合はベランダを利用すると、ゴミの量が増えても保管しやすく、室内ににおいが充満することもありません。
ただし、直射日光に当たると腐敗が進みやすく、カラスの被害などもあるので、専用のゴミ箱やクーラーボックスを用意しておくと良いでしょう。
キッチンに保管する場合は、料理や食事の最中ににおいがしないように、蓋付きのゴミ箱を使用します。
いずれの場合も、腐敗の進行やにおいの発生を防ぐためには、事前にしっかり水気を吸い取っておくことが大切です。

 

まとめ

生ゴミは保管の方法を間違うと、さまざまなトラブルの原因となります。
とくに賃貸物件では自身の問題だけに留まらないので、しっかり管理しなくてはいけません。
虫やにおいが発生してから対処するのは難しいため、早い段階での対策を心がけましょう。

投稿日:2022/08/23   投稿者:-