賃貸物件の鍵を紛失した場合の対応は?費用や退去時の負担についてもご紹介 | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
賃貸物件の鍵を紛失した場合の対応は?費用や退去時の負担についてもご紹介

賃貸物件のお部屋の鍵を失くしてしまった場合、お部屋に入れなくなるのはもちろん、防犯面でも心配になることが多く出てきます。
このような場合、どのように対応するのがベストなのでしょうか。
この記事では、一般的な対応の流れと、かかる費用についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の鍵を紛失した場合の対応について

お部屋の鍵の紛失に気づいたら、まずはその日の行動を思い出しましょう。
鍵をかけたときにどこにしまったのか、カバンのなかに入れたのであれば、そのカバンを開けたのはどこだったか、などです。
そこで可能性を探っても見つけられないようであれば、管理会社や大家さんに鍵の紛失について報告をしましょう。
賃貸物件では、賃貸借契約書に「紛失の場合はまず管理会社に連絡する」と記載されている場合があります。
同時に、警察にも届出をおこないましょう。
ひょっとすると、落とし物として届いている可能性もありますが、なければ遺失届を出しておくことで、届いた場合に手元に戻ってきます。
最後に、もしもお部屋に入れない場合は、管理会社や大家さんに相談のうえ、鍵開け業者に依頼して開けてもらうようにしましょう。

賃貸物件の鍵を紛失~鍵開け業者の依頼費用~

鍵開け業者に依頼し、解錠をしてもらった場合の費用は、およそ5千円?6千円ほどが相場です。
作業時間は15分ほどで終わることが多いようです。
しかし鍵は、開けて終わりではありません。
紛失した鍵でお部屋に入られる可能性がありますので、シリンダー部分の交換が必要になります。
交換する場合は管理会社や大家さんに相談してからの対応になりますが、この場合の費用はすべて借主の自己負担です。
費用は鍵の形状によっても異なりますが、普通の形状の鍵であれば1万5千円~3万5千円ほど、カードキーなど特殊な鍵の場合は8万円ほどかかる場合もあります。

賃貸物件の鍵を紛失~退去時に鍵がない場合~

賃貸借契約時に預かった鍵のうち、1本を紛失してしまったけどスペアキーがあるから大丈夫と、そのまま使用されているケースもなかにはあると思います。
そのような場合も、退去時にスペアキーをもう1本作れば良いというわけではなく、防犯上シリンダー部分からの交換が必要です。
賃貸借契約書には鍵の紛失時の対応が書かれている場合が多いため、必ず内容は確認しておくようにしましょう。
このような場合も、交換費用は入居者が支払うことが決められています。
また入居中に鍵を紛失し、大家さんなどに報告せずに勝手に交換してしまっていた場合も、再度退去時に交換を求められる場合があるため、注意が必要です。

 

まとめ

鍵を失くすと、犯罪に発展する可能性があるため、その後の対応は慎重におこなう必要があります。
鍵は借り物であることから、紛失した場合はなにはともあれ管理会社や大家さんへ報告して指示を仰ぎ、勝手なことはしないようにしましょう。

投稿日:2022/07/26   投稿者:-