賃貸物件の申し込みはキャンセル可能か?契約前・契約後のパターン別に解説! | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
賃貸物件の申し込みはキャンセル可能か?契約前・契約後のパターン別に解説!

賃貸物件への入居を申し込みしたものの、やむを得ない理由でキャンセルしたいという方もいらっしゃるでしょう。
とはいえ、そもそも賃貸物件の申し込みはキャンセルできるのか、申込金は返金されるのかは気になるところです。
そこで今回は、賃貸物件の申し込みはキャンセル可能なのかを契約前・契約後のパターン別に解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の申し込みは契約前にキャンセルできるのか?

賃貸物件を借りる際には、はじめに「申し込み」をおこなってから、入居審査と重要事項説明を経て「契約」という流れになります。
申し込みとは、入居希望の意思表示として入居申し込み書を賃貸人へ提出する手続きです。
申し込み後に入居審査が実施され、問題がないと判断されれば、宅地建物取引士の資格を持つ担当者が入居希望者に対して重要事項説明をおこないます。
重要事項説明の後に契約となるのですが、契約前の段階であれば基本的にキャンセルは可能で違約金なども発生しません。
申し込みの際に「申込金」を払うケースがありますが、これもキャンセルとなった場合は全額返金されます。
ただし、キャンセルの意思はできるだけ早く、できれば重要事項説明を受ける前に伝えましょう。

賃貸物件の申し込みは契約後にキャンセルできるのか?

契約後に申し込みをキャンセルする場合は、入居する前であっても「解約」という扱いになります。
では、契約の際に支払った前家賃・敷金・礼金・火災保険料・仲介手数料などの初期費用はどうなるのでしょうか。
解約の申し出は退去日の1か月前までとしている不動産会社が多いため、支払い済みの前家賃から少なくとも1か月分は差し引かれるでしょう。
敷金については、設備が破損・汚損した場合の原状回復費用として使われるお金なので、入居前なら返金される可能性があります。
礼金については「入居者が大家さんにお礼の気持ちとして渡すお金」であるため、返金される可能性は低いでしょう。
火災保険料は、契約者本人が保険会社に連絡し解約手続きをおこなうことで、一部未経過分の保険料は返金されます。
仲介手数料は、賃貸契約が成立した時点で「報酬」として不動産会社に支払われるお金のため、返金されることはありません。

 

まとめ

今回は、賃貸物件の申し込みはキャンセルできるのか、契約後・契約前のパターン別に解説しました。
契約前・契約後に関わらず、キャンセルする場合は、できるだけ早くその意思を不動産会社に伝えましょう。
不動産会社や大家さんにはとても迷惑がかかることを理解したうえで、キャンセルの理由をきちんと説明することも大切です。

投稿日:2022/07/19   投稿者:-