賃貸物件から退去する際の流れについてのご説明 | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
賃貸物件から退去する際の流れについてのご説明

賃貸物件から退去することになったら、手続きなどやるべきことがいくつかあります。
あらかじめ流れについて知っておけば、ゆとりをもって対応することができるでしょう。
ここでは、賃貸物件から退去する際に覚えておきたい一般的な流れについてご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件を退去する際に必要な連絡とは

賃貸物件を退去することになったら、まずは契約書の中身を確認してください。
そこに、解約についての記載があるからです。
契約書のなかには、連絡する相手や連絡方法、いつまでにすれば良いのかといったことが記載されています。
自分の都合で解約する場合は、だいたい1~3か月前までに連絡することになっているのですが、いずれにしても早めに連絡することをおすすめします。

賃貸物件を退去する際の手続きと流れ

一般的な賃貸物件を退去する際の流れは、大家さんや管理会社にその旨を連絡し、退去届を出し、ライフラインの転居手続きをおこないます。
その後、住民票の転出届の提出や、免許証の住所変更をおこない、室内を片付け引っ越し、立ち会いのもと退去といった流れになります。
最後に、敷金の清算をします。
引っ越しの際、少なからずご近所の方にご迷惑をおかけすることになるので、先に挨拶しておくと良いでしょう。
忘れずに、郵便物の転送手続きもおこなってください。
また注意しておきたいのが、契約書に記載されている家賃の清算方法についてです。
契約によって、日割りになる場合と、月割りになる場合があります。
日割りの場合は、利用していた日までの家賃を支払うことになりますが、月割りの場合は月の途中で退去しても一か月分の家賃を支払うことになります。
つまり、月割りの場合は、解約月の最後の日を退去日にしたほうが損をしないということです。
以上のポイントを理解したうえで、退去する日を決めましょう。

賃貸物件を退去する際の立会いとは

賃貸物件を利用する場合、退去時の立会いはとても大切です。
なぜなら立会いとは、貸主と借主が一緒に室内を確認しながら、修繕工事について誰が負担するのかを決めるものだからです。
一般的に、引っ越しの日に立会いをおこなうことになります。
これが終わると、鍵を返して退去が完了します。

 

まとめ

賃貸物件の退去の流れは、契約内容を確認したうえで、連絡、退去届の提出、ライフラインと住民票の転出届の提出、免許証の住所変更、引っ越し、立ち会いの流れです。
立会いは修繕の負担に関する大切なものなので、慎重に対応するようにしましょう。

投稿日:2022/06/14   投稿者:-