賃貸物件における火災保険の重要性をご紹介 | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
賃貸物件における火災保険の重要性をご紹介

賃貸物件を借りるときに必ず火災保険に加入しますよね。
ただ、加入はしているけれど保険を使用したことがない方が大半なのではないでしょうか?
いざというときに、火災保険の知識を持っていないと損をしてしまうことも。
この火災保険の種類や相場、補償の範囲について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件における火災保険の基礎知識や種類について

 

火災保険の種類


●家財保険
家財保険とは家具や家電が故障、破損してしまった時に補償をする火災保険の種類の一つです。

●借家人賠償責任保険
借家人賠償責任保険とは火災やなどで賃貸物件そのものに損害を与えてしまったときに、大家さんや管理会社に原状回復するための費用を補償する火災保険の種類の一つです。

●個人賠償責任保険
個人賠償責任保険は借家人賠償責任保険と異なり、隣人などに損害を与えてしまったときに費用を補償する火災保険の種類の一つです。

火災保険の相場は?

火災保険は補償する金額によって相場は変わってきます。
補償金額が安ければ保険料も1年で4000円ほど。
しっかりした補償金額をつけたいとなると保険料は1年で7000円ほどになります。
自分の持っている家財に必要な補償金額や、大家さんや隣人などの他人に迷惑をかけてしまったときの補償金額を踏まえて検討しましょう。

賃貸物件の火災保険はどこまでが補償範囲内?

先ほどもご説明したとおり、家具家電にも火災保険は適用されます。
しかし、家具が壊れたら必ず補償となるわけではありません。
火災や漏水、爆発、落雷などにより家具や家電に損害が発生した場合は家財保険の補償の範囲内とされます。
災害や事故などが原因の損害は補償されます。
一度、火災保険の家財の契約書の家財の部分を確認してみると良いでしょう。

賃貸物件の火災保険の補償外となる事例は?

火災保険に加入していても補償外と判断されてしまう場合もあります。
家財の損害が故意におこなわれたものなのかという部分がポイントとなってきます。
わざと自分で損害を出した場合は当然のことながら火災保険の補償外と判断されてしまうでしょう。
また、故意ではなくても重大な過失があったことが原因で損害が出た場合も同様に補償外と判断されてしまう可能性が高いです。
他にも雨漏りで損害が出たという場合は、建物の所有者である大家さんや管理会社の責任となりますので自身の火災保険では補償外と判断されます。
補償内なのか補償外なのかは、原因がどこにあるのか、責任をとるべき人物がいるのかどうかが判断基準になるのです。

 

まとめ

たとえ、賃貸物件だからといっても火災保険の加入は絶対です。
万が一の事故や災害が起きたときのために必ず加入するようにしましょう。
いざ、損害の発生が起きた場合は契約書の確認やカスタマーセンターに電話し、指示を仰ぐようにしてください。
安心して生活するための火災保険だと言えるのです。

投稿日:2022/05/17   投稿者:-