賃貸物件とマイホームにはどんな違いがある?家賃などを比較してご紹介! | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
賃貸物件とマイホームにはどんな違いがある?家賃などを比較してご紹介!

賃貸物件とマイホームでは、入るべき保険や税金、家賃などの多くの固定費が異なります。
そのため、どのような保険に入るべきなのかや支払う家賃に違いがあるのか、疑問を持たれている方も多いのではないでしょうか。
今回は、賃貸物件とマイホームを比較したときの家賃の違い、入るべき保険や税金の比較など、気になる点をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件とマイホームを比較!家賃は?

賃貸物件は物件を借りている状態であり、マイホームのように月々の支払いに完済はなく、住み続けている以上は支払いが恒久的に続きます。
一方マイホームは、一括で購入すれば支払いは一回限りであり、またローンを組んだとしてもいずれ完済の日が訪れます。
賃貸物件とマイホームを比較してどちらが得なのかは、ライフスタイルによって大きく変わるため、一概にはいえません。
老後の資金繰りにおいてはマイホームのほうが負担は少ないですが、働き盛りで仕事の転勤が多い場合などは賃貸物件が現実的です。
自分のライフスタイルと照らし合わせながら、賃貸物件とマイホームのどちらが良いかを決めていきましょう。

賃貸物件とマイホームを比較!入ったほうが良い保険は?

賃貸物件の場合はすでに大家さんが保険に加入していますが、それはあくまで建物に対しての保険です。
家財に対する補償は対象外となっているため、地震保険と火災保険に入っていたほうが万が一の際に安心です。
マイホームは自分が所有者なので、家財・建物どちらも地震保険と火災保険に入っていたほうが良いでしょう。
なお、マイホームに関してはローンを組むのとあわせて団体信用保険に入らなければならないケースがあります。
団体信用保険はローンを組む際に契約する生命保険の一種で、ローン契約者が高度な障害の発症や死亡によって支払いが困難になった場合に、ローン残高が完済される保険です。
賃貸物件もマイホームも生活環境に照らし合わせて、補償内容に無駄がないか検討したうえで加入をしましょう。

賃貸物件とマイホームを比較!税金や維持費は?

賃貸物件に関してかかる税金はありませんが、マイホームは毎年固定資産税という税金がかかってきます。
固定資産税は土地や建物の価値から算出され、年に一度支払いがあるため、賃貸物件より維持費がかかってしまいます。
年間だけの維持費で考えると賃貸物件のほうが費用がかからないように見えますが、長い人生で考えた場合にはまた違ってきます。
建物が古くなったときの固定資産税の減額やローン完済後に大きく維持費が下がることを考えると、一概に賃貸物件の方が維持費が低いとはいえません。

 

まとめ

賃貸物件とマイホームでは、お客様の環境によって月々の維持費は大きく変わり、入るべき保険も変わります。
ご自身のライフスタイルを考慮したうえで、慎重に判断することをおすすめします。

投稿日:2022/04/12   投稿者:-