賃貸物件の更新料とは何か?更新手続きの流れや注意点をご紹介! | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
賃貸物件の更新料とは何か?更新手続きの流れや注意点をご紹介!

賃貸物件のなかには、契約更新とともに更新料を支払わなければならない物件もあります。
引っ越しのタイミングと合わず思わぬコストがかかるなどの失敗をしないためにも、手続きのルールを把握しておきましょう。
そこで今回は賃貸借契約における更新料の意味、更新手続きの流れ、支払いを怠った場合のリスクについてご紹介します。


賃貸物件の更新料とは?

 

賃貸借契約における更新料とは、契約更新の際に管理会社や大家さんに対して支払う費用のことです。
多くの賃貸物件では数年ごとに契約更新のタイミングが設けられていて、住み続けたい場合は決められた手続きをおこない、同時に更新料を支払わなければなりません。
ただし、更新の時期や支払う額についてルールが統一されているわけではありません。
賃貸物件によってルールが異なるため、契約を結ぶ前に契約内容をしっかり確認することが大切です。
また、契約更新の間隔や更新料の金額は、地域によっても差が出るポイントです。
たとえば九州では更新料不要の物件が多い、関東では家賃の1か月分程度の更新料を求められる物件が多いなどの特徴があります。

 

賃貸借契約の更新料を支払う流れとは?

 

賃貸借契約は多くの物件で2年更新が採用されているものの、更新するかどうかは入居者の自由です。
まず、更新月の1か月程前までに、大家さんもしくは管理会社から契約更新をお知らせする書面が届きます。
更新する意思がある場合は、その書面に署名や押印をして提出します。
更新料の支払い方法もルールはなく、家賃と一緒に引き落とし、または入居者自身による振り込みが一般的です。
同時に火災保険の契約更新をしなければならないケースも多いため、忘れずに手続きをおこないましょう。
退去する場合、契約更新月の前に退去の旨を申告する必要があり、タイミングが合わなければ自動的に更新され、更新料を支払う羽目になる点に注意が必要です。
契約書に退去する際の申告期限が定められているため、事前にチェックしておきましょう。

賃貸借契約の更新料を支払わない場合のリスク

更新料を支払わない場合、強制退去となるリスクがある点に注意が必要です。
契約書に「契約更新時は更新料を支払わなければならない」と明記されている場合は支払い義務が生じます。
支払わない場合、管理会社や大家さんは入居者に契約解除を請求できるため、場合によっては入居者の準備が整わないタイミングで明け渡しを求められる可能性もあります。

 

まとめ

 

賃貸借契約を結ぶ場合、手続きの流れを確認するだけではなく、契約更新のルールや更新料について事前に確認しておきましょう。
早めに更新のルールや金額を把握しておけば、急な出費で慌てることもなく、快適な生活を送ることにつながります。

投稿日:2022/10/18   投稿者:-