高齢者が賃貸物件を借りづらい3つの理由と借りるためのポイントを解説! | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
高齢者が賃貸物件を借りづらい3つの理由と借りるためのポイントを解説!

 

 

高齢者になっても、賃貸物件を借りることができるか気になる方も多いと思います。
結論、高齢者は賃貸物件を借りにくいという現状はあります。
しかし、借りにくい理由を解決できれば、賃貸物件を借りることができます。
今回は、高齢者が賃貸物件を借りにくい理由と借りるためのポイントを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

高齢者が賃貸物件を借りづらい理由とは?

 

理由①高齢者の方が孤独死に至る確率が高いから

高齢者は、健康面から孤独死をするリスクを負っています。
中でも独居老人と呼ばれる一人暮らしの高齢者は、もしもの時、発見が遅れる可能性が高いのです。
そのため、より賃貸物件を借りづらい状況にあります。

理由②定年退職を迎え、年金生活をしている方がほとんどのため

2012年より法律が改正され、働きたい人は65歳まで働けるようになりました。
したがって、ほとんどの方は65歳で定年退職を迎え、定期収入がなくなります。
つまり、年金以外の収入や貯蓄などで不安の解消ができない場合は、借りられない可能性があります。

理由③連帯保証人が見つからないことが多いため

賃貸物件を借りる時、多くの場合は連帯保証人を立てる必要があります。
しかし、高齢者は、身内で連帯保証人が見つからない可能性が高いです。
解決策として、連帯保証人が親族で立てられない場合、家賃保証会社を利用することで、賃貸物件を借りられるかもしれません。

高齢者が賃貸物件を借りるためのポイント

結論、高齢者が賃貸物件を借りるためのポイントは、貸主側に金銭面で不安にさせないことです。
理由は、先ほども述べた通り、収入が年金だけでは家賃の支払いが滞りそうだからです。
加えて、健康面の不安から入居を拒否することは減っているそうです。
実際、貸主への意識調査を行ったところ、「拒否感はあるが従前より弱くなっている」と答えた方が44%もいました。
高齢者だからという理由だけで入居を拒否する考えの貸主の方は減ってきています。
したがって、解決策としては、金銭面で問題ないことを示しましょう。
年金以外の収入をもつことや、十分な貯蓄を蓄えておくこと、あるいは、家賃保証会社を利用することで貸主の金銭面での不安は払拭されます。

 

まとめ

今回は、高齢者が賃貸物件を借りにくい理由と借りるためのポイントを解説しました。
高齢者は、健康面や金銭面の理由から賃貸物件が借りにくいのが現状です。
しかし、高齢者でも賃貸物件を借りられる方法はあります。
高齢者になっても、安心して賃貸物件を借りられるように、年金以外の収入を確保するか、十分な貯蓄を蓄えておくようにしましょう。

投稿日:2022/02/01   投稿者:-