賃貸物件での粗大ゴミの捨て方とは?定義や正しい手順を解説! | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
賃貸物件での粗大ゴミの捨て方とは?定義や正しい手順を解説!

 

 

賃貸物件にお住まいの場合、粗大ゴミを捨てたいけど捨て方がいまいちよく分からないという方も多いかと思います。
大きいものがほとんどである粗大ゴミは、正しい手順を踏んで処理することが大切です。
今回は、そもそもの粗大ゴミの定義や、賃貸物件における捨て方と正しい手順について、詳しくご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

粗大ゴミの定義と賃貸物件での捨て方

賃貸物件においても、正しく粗大ゴミを捨てるには、その定義をきちんと理解しておくことが必要です。
粗大ごみの定義は、各地位域の自治体によって定められています。
自治体によってバラつきは見られますが、“四方30cm以上”のものであれば、粗大ゴミとして定義付けられていることがほとんどです。
事前に自治体のホームページ等で確認し、粗大ゴミであるのかそうでないのかの分別をしておくようにしましょう。
粗大ゴミの主な例を挙げると、机やタンスなどの家具類、布団・マットレスなどの寝具類、自転車・大きいレジャー用品などが該当します。
また家電類も粗大ゴミになりますが、リサイクル対象機器として回収対象となっているものがあります。
リサイクル対象機器としては、エアコンや洗濯機、テレビなどです。
これらを捨てる場合は、リサイクルして活用できる部品や材料があるため、自治体の粗大ごみとして処分できません。

賃貸物件での粗大ゴミの捨て方と手順

賃貸物件においても、粗大ゴミの捨て方には正しい手順に合わせて捨てる必要があります。
捨て方の手順としては、「申し込み」「ゴミ処理券の購入」「捨てる」の3つの段階です。
まずは、自治体の「ゴミ処理センター」に、電話かインターネットで回収日の予約をするようにしましょう。
その際に、粗大ゴミに出すものの大きさや形を聞かれるため、事前にサイズを測っておくとスムーズに進められます。
申し込みが終わったら、「ゴミ処理券」を購入し、回収日までに用意しておきましょう。
申し込みの際にいくらの額面のゴミ処理券を何枚買えば良いか指定があり、コンビニなどで購入できるようになっています。
あとはゴミ処理券を粗大ゴミに見えやすいように貼り、回収日に指定の回収場所に置いておくだけです。
賃貸物件においては、回収場所が定められているため、事前に申し込みの際に自治体と大家さんに確認しておくようにしましょう。

 

まとめ

今回は、そもそもの粗大ゴミの定義や、賃貸物件における捨て方と正しい手順についてご紹介しました。
粗大ゴミを捨てるには、これらの点に注意して処理することが大切です。
ご紹介したポイントを踏まえて、正しい手順で捨てるようにしましょう。

投稿日:2022/01/25   投稿者:-