床下収納設備がある賃貸物件のメリットやデメリットについて解説! | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
床下収納設備がある賃貸物件のメリットやデメリットについて解説!

 

 

賃貸物件のキッチンには、収納場所が少ない場合が多く、床下収納が付いた物件の人気は高いです。
今回こちらでは、賃貸物件に床下収納設備があるメリットやデメリットについて解説していきます。
賃貸物件をお探しで、特に収納設備に興味がある方はぜひ、今回の記事を参考にしてみてください。


床下収納設備がある賃貸物件のメリット

床下収納設備がある賃貸物件を選ぶ主なメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

●居住スペースを一切圧迫することがない収納スペースが得られる
●床下収納設備の中に収納しているものを他人に見られる心配がない
●収納スペースが目立たずに済む


この中でも特に大きなメリットは「居住スペースを圧迫せずに収納スペースが得られる」という点でしょう。
賃貸物件は収納スペースが不足しがちな傾向があるため、床下収納設備はそれを補う強い味方となってくれます。
ちなみに床下収納設備の主な種類としては以下の3種類があります。

●フタが外れるごく一般的なタイプ
●フタ部分が扉のようになっているタイプ
●収納スペースがスライドするタイプ


これら床下収納設備に入れるのに適しているものとしては、長期保存可能な食品や洗剤・トイレットペーパーなど日用品のストック分、あまり使わない食器類などが挙げられます。

床下収納設備がある賃貸物件のデメリットとは?

賃貸物件に床下収納設備があると、大きなメリットが得られますが「メリットだけではなくデメリットもある」ということも忘れてはいけません。
床下収納設備の主なデメリット・注意点は以下のとおりです。

●床下の湿気や温度の影響をまともに受けてしまう
●長期保管できないものや頻繁に出し入れするもの、重すぎるものなど、収納に適さないものが意外と多い
●物の出し入れもクローゼットなどと比べると面倒
●床と床下収納設備の扉はほぼフラットではあるものの、完全なフラットにはならずわずかに段差があるため、つまずきや掃除の邪魔になることがある


また、そもそも床下収納設備がある賃貸物件が少ないというところも、床下収納がどうしても欲しいという方には残念な点でしょうか。
床下収納設備の有無にこだわりすぎると、賃貸物件の選択肢が狭くなってしまいますので、「あればありがたい」というぐらいのスタンスで探すことをおすすめします。

 

まとめ

今回は賃貸物件の床下収納設備について、そのメリットやデメリットを挙げ、収納に適しているものや適さないものなどの例も挙げました。
適切に使えば便利でメリットも多いですが、床下収納設備がある賃貸物件自体が少ないことや、メリットばかりではなくデメリットもあることを理解しておきましょう。

投稿日:2021/12/07   投稿者:-