20代で不動産を購入するメリットと注意点を解説! | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
20代で不動産を購入するメリットと注意点を解説!

 

 

不動産の購入は、人生の中でおそらくもっとも大きな買い物です。
30~40代になって、生活に余裕ができてから購入するというパターンが多いですが、なかには20代で不動産を購入する方もいます。
そこで今回は、20代で不動産を購入するメリットと注意点についてご紹介します。


20代で不動産を購入する具体的なメリット

 

不動産を購入する際は、基本的には住宅ローンを組むことになります。
住宅ローンは、25年~35年程度のプランを組むことが多いです。
そこで仮に60歳で完済させることを目標にすると、35歳で25年ローンを組む場合と25歳で35年ローンを組む場合とでは、毎月の返済額が大きく異なります。
住宅ローンでは数千万円の融資を受けることになるため、返済期間が長ければ、余裕を持った返済計画が立てられるというメリットがあります。
また、早い段階で不動産を購入すれば、それまで賃貸に払う家賃の節約が可能です。
資産にならない賃貸物件に、家賃を支払い続けるのは無駄だという考えもあり、仮に25歳で住宅ローンを組めたら、35歳で住宅ローンを組むよりも10年間分の家賃が節約できます。
35年ローンとなれば、毎月の返済額と家賃の差がほとんどなくなることも多く、家賃を払う感覚で毎月返済ができます。
また、老後のために貯蓄しておきたいという方にも、20代で不動産を購入することはおすすめです。
60歳までにローンを完済できれば、そこから停年退職までの給与はすべて貯蓄に回せます。

20代で不動産を購入する際の注意点

 

人生の早い段階で不動産を購入するには、注意しなければいけない点も多くあります。
一般的に20代のうちは、収入が少ない方がほとんどでしょう。
また、勤続年数も少ないため、たとえ住宅ローンを組んでも、融資してもらえる額が大幅に少ない可能性があります。
資金が足りなければ、購入する不動産のランクを低くしなければならないため、理想にしている不動産は購入できないかもしれません。
また、20代のうちはまだまだ働き始めで、今後さまざまな変化を経験する可能性が高いです。
会社から転勤を命じられたり、家の好みが変わってしまったりすることも考えられます。
最近でいえば、新型コロナウィルス感染症の猛威によって会社の業績が落ちて、それによって職を失ってしまった方も大勢います。
20代のうちに不動産を購入していると、こうした変化が発生した際に対応できなくなってしまうことも考えられるでしょう。

 

まとめ

 

今回は、20代で不動産を購入する際のメリットと注意点についてご紹介しました。
20代で購入しておけば、ローン完済後は貯蓄できるなどといったメリットがあります。
また、メリットだけでなく注意点もあるので、よく理解したうえで購入を検討してみてください。

投稿日:2021/10/26   投稿者:-