分譲賃貸に住むメリットや注意点とは? | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
分譲賃貸に住むメリットや注意点とは?

 

 

分譲賃貸とは分譲マンションの所有者が何らかの理由で、その部屋を貸し出している物件のことです。
所有者が転勤などで住めなくなった場合もありますが、最初から投資目的で購入したものを貸し出している場合もあります。
今回は、賃貸をお探しの方のために、分譲賃貸のメリットと注意点を解説します。


分譲賃貸に住むメリットとは?

 

分譲マンションは、本来であれば所有者がそこに住む目的で購入するものです。
半永久的にそこに住むことを目的としているので、設備の豪華さが異なります。
床暖房やディスポーザーなどの、同じような価格帯の賃貸では見られないような豪華な設備がついた物件に住めることがメリットです。
こういった物件は、エントランスや廊下などの共用部分も豪華に造られていることが多いです。
また、管理人が常駐しているなど、セキュリティがしっかりしている物件が多いので、一人暮らしやお子さんがいる方でも安心して暮らせます。
そして、ルールを決めたり共用部分の維持管理を行ったりする管理組合が存在することがほとんどです。
そのため、住人は普段からマナーのある行動を求められています。
住民のマナーの良さは、その物件の住みやすさにつながっているのです。
さらに、分譲マンションは賃貸マンションとは異なり、高い居住性を売りとしています。
そのため構造がしっかりしていますし、防音性や断熱性も比較的高い場合が多いでしょう。

 

分譲賃貸に住むときの注意点とは?

 

分譲賃貸に住むことを検討しているなら、家賃が比較的高くなることが注意点のひとつとしてあげられます。
また、家賃の値引きにも応じてもらいにくい傾向があります。
貸主側も、その物件のローンを返済している途中なので、それを前提とした家賃設定になっているのです。
所有者が一時的に住めなくなって貸している場合は、期限つきの契約になることもあります。
この場合、契約は基本的に更新されず、その期間が終われば契約も終了となり、原則的に借主側からの契約解除はできないことも多いでしょう。
また、本来の所有者は一時的に大家さんになっているだけです。
プロではないので、トラブル時の迅速な対応は期待できないかもしれません。
規約に関しても、マンション自体の規約とその物件の所有者との規約の2つが必要になり、少し窮屈な暮らしになってしまう可能性もあります。

 

まとめ

 

分譲賃貸に住むのであれば、そのメリットだけでなく注意点にも目を配る必要があります。
比較的豪華な設備が整っているなどメリットもありますが、そればかりではありません。
無用なトラブルを避けるためには、メリットとデメリットをしっかりと踏まえたうえで、物件を探しましょう。

投稿日:2021/10/12   投稿者:-