賃貸を検討中の方必見!引越しにおすすめのオフシーズンっていつ? | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
賃貸を検討中の方必見!引越しにおすすめのオフシーズンっていつ?

 

 

引越しをする際は、できるだけ費用は安く抑えたいですよね。
特に季節によって値段が大きく変動する引越し料金は、可能であればもっとも安い時期を選びたいものです。
今回は、引越し予定で、横須賀市など都心に近いエリアを検討中の方に向けて、引越しのオフシーズンとはいつか、メリットデメリットは何かをご紹介します。


賃貸物件への引越しにおすすめのオフシーズンとは

 

まず、引越し料金にシーズンがある理由や、具体的におすすめの時期がいつ頃かを解説しましょう。

 

引越しのオンシーズン・オフシーズンがある理由

オンシーズン、いわゆる繁忙期は進学や転勤などで転居が多くなる1月~4月頃と言われています。
学生であれば、AO入試などは早ければ年末の12月に結果が出始め、学生は1月以降に部屋探しを開始します。
また社会人の場合、会社から辞令が出て異動・転勤がはじまる時期の多くは3月~4月がピークです。
進学・転勤がある分退去する人も増え、特に都心部は地方より大きく人が動くため、1月~4月が不動産屋の繁忙期にあたります。
このように需要が多い分、家賃も高くなる傾向にありますし、引越し業者も忙しくなるので、割増料金となるところが多くあります。
予約が取りにくく、時間指定をするとさらに割増となったり、費用がかさんだりするのが、このオンシーズンです。
また、9月~10月もオンシーズンにあたるとされています。
1月~4月ほどではありませんが、異動・転勤が増えたり、9月に結婚式をするカップルも多いことから、新婚夫婦の転居が増えたりするのがこの時期です。

 

引越しにおすすめの時期

以上のことから、繁忙期が終わった6~8月、また11~12月がオフシーズンです。
人の移動が少ない分、物件は多くはありませんが、掘り出し物件が見つかったり、家賃交渉ができたりするのがこの時期です。
引越し業者も閑散期となるため、費用を抑えて、かつ余裕を持ってスケジュールを組めます。
引越し時期を自由に選べる場合、このオフシーズンが狙い目です。

 

オフシーズンに賃貸物件へ引越しするメリットデメリット

 

次に、オフシーズンに引越しするメリットデメリットをご紹介します。

 

メリット

前述のとおり、閑散期のため引越し費用を抑えられます。
日にちや時間も希望どおりになる可能性が高く、スケジュールに余裕を持って進めることが可能です。

 

デメリット

デメリットとして挙げられるのは、季節があまり良くないことです。
6月~8月は梅雨~真夏、11月~12月はほぼ真冬です。
引越し当日は業者が作業をやってくれるとはいえ、準備期間や引越し後の片付けが、湿気や気温の高い時期もしくは寒い時期に重なります。

 

まとめ

 

以上、引越しにおけるオフシーズンとは何か、メリットデメリットとあわせて解説しました。
不動産の繁忙期である1月~4月は、物件の内覧の予約がなかなか取れなかったり、費用が割高になったりするおそれがあります。
賃貸の引越しをするなら、6~8月もしくは11月~12月のオフシーズンを狙ってみましょう。

投稿日:2021/06/29   投稿者:-