日当たりが良い賃貸物件の特徴とは?お部屋を探すにあたり知りたいポイント | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
日当たりが良い賃貸物件の特徴とは?お部屋を探すにあたり知りたいポイント

 

 

賃貸物件を探す際に日当たりの良さは重視されがちですが、必ずしも良いことばかりではないため、悪い点も含めて特徴を押さえておくことが大切です。
ここでは賃貸物件をこれから探す方に向け、日当たりが良い住まいの特徴のほか、あまり日が差さない場合の対策についてもご紹介します。


日当たりが良い賃貸物件の特徴とは?メリット・デメリットも見ていこう

 

お部屋に日が差すおかげで十分に明るく、照明を使用する時間を減らせるほか、室内が暖かいおかげで冬場の暖房費も節約できます。
洗濯物は当然よく乾き、室内はカラッとして気持ちよく、さらにお部屋の明るさで自然に目が覚めるため、日中に活動するリズムを整えやすいこともメリットです。
その代わり、仕事の関係で日中に就寝したいときには明るさが煩わしく、生活リズムを乱されやすいお部屋でもあるのです。
さらに日当たりがよいおかげでさまざまなものがよく日焼けするほか、夏場には暑いこともデメリットに挙げられます。
このような特徴がある日当たりの良い物件とは一般的に南向きで、晴天時には一日を通じて基本的に日が差します。
窓の位置や数も重要で、2方向に窓があると1方向のみのお部屋よりもさらに日当たりが良く、先ほど紹介した特徴をより強く感じられるでしょう。
そのほか、高層ビルなど日差しを遮る建物が周辺にないこと、それらが多い市街地では高層マンションの上階に位置することなども日当たりの良い物件の条件に挙げられます。

 

良い賃貸物件が見つからない!日当たりが悪い場合の対策とは?

 

自然光に近く、明るさが強い電球やLEDを使用すると、まるで室内に日差しが入っているかのような雰囲気を作れます。
カーテンや家具の色は白などの明るいもので統一すると、日差しが入らないお部屋でも見た目での印象は軽くなり、心も弾みます。
しかし実際には日当たりが悪くて室内に湿気が溜まりやすいため、こまめに換気したり、エアコンの除湿機能を利用したりするとよいでしょう。
冬場には室内が寒いため、床に絨毯やマットを敷いたり、断熱性能の高いブラインドを設置したりするほか、エアコンの暖房機能をしっかりと活用してください。
このような対策でカバーできるほか、そもそも日差しの悪さをデメリットだと感じるかどうかは個人差の大きな問題です。
むしろメリットのほうを強く感じる方や、考え方を柔軟に変えられる方は、日差しがあまり入らないお部屋を積極的に探されるのもおすすめです。

 

まとめ

 

一般的に好まれやすい日当たり良好の賃貸物件にも、さまざまな特徴があります。
各特徴をそれぞれ確認のうえ、場合によってはあまり日が差さない物件も含めて、思い描く暮らしができそうな住まいを探してみてください。

投稿日:2021/03/16   投稿者:-