横須賀市の市内に引越しを考えている方に伝える必要な手続き方法とは? | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
横須賀市の市内に引越しを考えている方に伝える必要な手続き方法とは?

 

 

横須賀市でお住まいを検討している方に向けて、横須賀市内に引越しする場合の手続きについて詳しく解説いたします。
市役所に聞きに行けばわかることですが、事前に必要知識を入れておくほうが届出もスムーズにおこなえるでしょう。
この記事では転居届、印鑑登録、国民年金の住所変更や国民保険に関する手続き方法などをお伝えします。


横須賀市の市内に引越しした場合の転居届と印鑑登録について

 

まず、転居届について提出期間は転居先に住み始めた日から14日以内となっています。
万が一、転居届の提出が14日を過ぎてしまっても必ず提出するようにしましょう。
原則、本人または世帯主により届出が必要ですが、代理人にて手続きをおこないたい場合は委任状が必要となります。
ただし、同一世帯の方に限り、委任状は必要ありません。
委任状の記入例については、横須賀市の公式サイトに貼り付けてあるので参考にしてみてはいかがでしょうか。
次に印鑑登録について、今までお持ちの印鑑登録証がある場合はそのまま引き続きご利用が可能です。
ただし、登録していた印鑑を変更したい場合については登録したい印鑑を持参することで申請手続きが可能です。
その際、登録できる印鑑に規定がありますので、気になる方は横須賀市公式サイトをご覧ください。
また手続き費用として、印鑑登録手数料300円がかかります。
提出先は両方の手続きとも市民部窓口サービス課の住所記録係となっています。
市役所を訪ねるのが難しい方は、市内9箇所にある行政センターでも手続きが可能です。

 

横須賀市の市内に引越しした場合の国民年金の住所変更や国民保険について

 

まず、国民年金の住所変更については転居届と同時に手続きが必要になるので、原則14日以内となります。
その際、年金手帳(または基礎年金番号通知書)の持参が必要です。
次に国民健康保険の変更届について、提出期限はこちらも14日以内となっています。
手続きの際に被保険者全員の被保険者証が必要になるので、忘れず持参するようにしましょう。
提出先は転居届、印鑑証明と同様、両方とも市役所の窓口サービス課と各行政センターです。
また市役所の受付時間は平日の8時30分~17時までとなっており、土日祝日は手続きができません。


まとめ

 

上記で説明した各種手続きについては印鑑登録を除き、原則、転居先に住み始めた日から14日以内に手続きが必要です。
何度も手続きのために市役所を訪ねるのは、大変ですので一度にまとめておこなうことをおすすめします。
また、各種手続きにおいて必ず持参しなければならないものがありますので、忘れず持っていくようにしましょう。

投稿日:2021/01/26   投稿者:-