名義や書類はどうしたらいい?賃貸物件で同棲する場合の注意点! | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
名義や書類はどうしたらいい?賃貸物件で同棲する場合の注意点!

 

 

パートナーと、賃貸物件での同棲を考える際には、1人暮らしの時にはなかったお悩みが出てきますよね。
たとえば、物件の契約1つをとっても、契約の名義や、保証人は誰にすべきかなど、2人だからこそ迷うポイントです。
そんなカップルに役立つ、同棲の場合の賃貸契約で気をつけるべき注意点をお伝えします。


賃貸で同棲したいけど契約者の名義はどちらにすべき?

 

同棲の際には「収入が多い人」か、もしくは「連名で2人とも」が契約者となる2つのケースがあります。
前者の場合、入居の際の申込書や賃貸借契約書には、契約者だけでなく、基本的に同居人の情報も記載します。
同居人の続柄は、結婚する前提ならば「婚約者」、結婚前提でないのであれば「友人(同棲)」や「知人(同棲)」と書きましょう。
また、2人のうち収入が多い人を契約者とすることで、大家さんや管理会社から家賃滞納リスクが低いとみなされ、入居審査に通る確率が、比較的高くなります。
一方で、連名で契約する場合は、両者とも契約者であるためいくつかメリットがあります。
1点目は、転勤など何らかの事情で1人だけが退去することになった場合でも、再契約などの手続きは必要ないことです。
2点目は、複数人での契約は家賃滞納リスクが低いため、入居審査に通りやすくなります。
注意点として、連名契約の場合は、契約者ごとに連帯保証人が必要です。
連帯保証人には、収入が安定している親族か、頼める人がいない場合には、保証会社を利用します。
もし審査に落ちることを回避するのであれば、契約者本人の親だけでなく、同棲相手もしくはその親へも、連帯保証人をお願いしましょう。
未婚の状態での同棲は、法的な関係性ではないため、契約者以外の同居人へは家賃の督促ができません。
よって、入居時の審査にも、通りにくくなる確率が高まるのです。
大家さんや管理会社から安心して契約してもらえるよう、十分に対策しましょう。

 

賃貸で同棲する場合の名義と必要書類

 

賃貸借契約する同棲カップルは、下記の書類を提出しましょう。
まずは、契約者本人と同居人の身分証・住民票・印鑑登録証明書・銀行口座番号・印鑑です。
また、連帯保証人の身分証の写し・同意書・印鑑登録証明書と、契約書への署名・捺印も必要です。
場合によっては、源泉徴収票・確定申告書の写しなど、収入証明となるものを提出するため、用意しておきましょう。
そして、紙媒体でやりとりをすることになるので、連帯保証人が遠方に住んでいる場合などは、郵送に必要な期間も逆算して、準備することが大切ですね。

 

まとめ

 

賃貸物件に同棲する際には、1人暮らしの契約時とは違う点があります。
また、結婚している夫婦ではないため、収入などを踏まえた入居審査の目が、厳しくなることも考えられます。
事前にチェックし、2人で話し合って決めておくと、契約がスムーズに進みそうですね。

投稿日:2020/12/15   投稿者:-