「男性限定」「女性限定」の賃貸物件が存在する理由とは? | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
「男性限定」「女性限定」の賃貸物件が存在する理由とは?

 

 

賃貸物件を探しているときに、性別を限定した物件を目にしたことはありますか?
なぜ性別を限定した物件が存在するのか、またそのメリットデメリットについて、男性・女性それぞれ詳しく解説します。
物件探しにおいて、知識は武器です。
ぜひ最後まで読んで、限定物件も選択肢の一つに加えてみてくださいね。


男性限定・女性限定の賃貸物件がある理由

 

駅からの立地や日当たり、家賃などは賃貸物件を選ぶ人のほとんどが気にする条件です。
しかしそれ以外の細かな条件のうち何を重要視するかには、実は性差があるといわれています。
女性では特にセキュリティを重視する傾向が強く、男性では立地や設備よりも家賃の低さを重要視する人が多いのだそう。
そういった性別に応じた需要を取り込もうと、男性限定・女性限定の賃貸物件が設定されることがあります。
そのほか、貸主が「女性なら家を綺麗に使ってくれて、滞納やご近所トラブルを起こさないだろう」などと期待して女性限定物件にする場合もありそうですね。
性別を限定すると、性別を限定しない場合の半分しか応募を受け付けられないわけですから、契約可能性が低くなるように感じられるかもしれません。
しかし実際には、限定条件を好意的に受け止める人=契約の可能性の高い人が物件を検討することになりますので、契約可能性は高くなるといえるのです。

 

男性限定・女性限定の賃貸物件のメリットとデメリット

 

性別限定物件のメリットとデメリットを具体的に見ていきましょう。

●男性限定物件のメリット
家賃が近隣相場よりも安めに設定されていることが多い

●男性限定物件のデメリット
駅から遠い、夜道が暗いなど立地条件があまりよくない場合が多い
女性の入室が禁止されている場合がある

●女性限定物件のメリット
オートロックやダブルキー、防犯カメラなどセキュリティ面に力を入れている物件が多い
管理人常駐や大家さんが近隣に住んでいる場合が多い
洗面化粧台や充実した収納スペースなど女性に嬉しい設備が整っていることが多い

●女性限定物件のデメリット
家賃が近隣相場よりも高めに設定されていることが多い
男性の入室が禁止されている場合がある

 

まとめ

 

異性の入室が禁止されている場合には、家族や友達、恋人を問わず入室ができなくなってしまいますので、入居後の生活をしっかり想像してみることも大切そうです。
住まいに理想を持つことも大切ですが、すべてを満たす完璧な物件と出会うことはまず無理でしょう。
どこにこだわり、どこに妥協するかをよく考えて、慎重に検討してくださいね。

投稿日:2020/12/01   投稿者:-