賃貸契約時の賃貸損保とは?ほとんどの場合に賃貸契約時に損保に加入する | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
賃貸契約時の賃貸損保とは?ほとんどの場合に賃貸契約時に損保に加入する

 

 

賃貸物件を借りるときには、万が一に備えて損害保険に加入します。
保険にはいくつか種類があり、不動産会社に進められた保険に加入することも、自分で選んで保険に加入することもできます。
賃貸保険の種類や加入の義務についてお伝えします。


賃貸物件を借りるときの損害保険の種類

 

賃貸物件を契約するときは、ほとんどの方は不動産会社に勧められた保険に加入するでしょう。
火災保険への加入となり、主に以下の3つの種類があります。


借家人賠償責任保険
借りた物件で火災や事故があったときに、物件に被害があり、大家さんに対して借り主が負う賠償を補償します。
補償金額は、1,000万~2,000万円の範囲の場合が多いです。
特約となっているので、借家人賠償責任保険の特約として加入します。


家財保険
火災で賃貸物件にある借り主の家財道具への被害を補償する保険です。
家財道具の総額を最低限補償金額とすればいいので、補償額は多くても1人分だと200万円もあれば事足ります。


個人賠償責任保険
生活の中で、自分が他人に被害を与えたときに、その賠償分を補償します。
例えば、自分の子どもが他の子どもを怪我させた、自分が他人とぶつかり怪我させたような場合の賠償分です。
賃貸物件とは関係ない保険であり、必要と思う方だけ加入すれば良いです。

 

損害保険の加入義務の有無と注意点

 

賃貸物件契約時には、損害保険への加入は必須でもなく、法律で加入しないとならないと決められているわけでもありません。
損害保険は大家さん、借り主への被害を補償するので、万が一に被害があり保険に未加入となれば、賠償金はすべて自分で負担しないとなりません。
自分自身を守るという意味では、加入をおすすめします。
賃貸契約書に保険加入必須と書かれている場合は、賃貸物件を契約時に保険も契約します。
不動産会社の勧める保険に加入することも可能ですが、自分で保険会社を探して加入も可能です。
不動産会社は万が一に備えて物件の借り主が保険に入っているか把握したいので、保険会社を探して加入したときは、保険証のコピーを不動産会社に渡すと良いでしょう。
火災や事故での物件の被害は大きくなることが多いので、借家人賠償責任保険は十分な金額の補償のある保険に加入します。
家財保険は自分が持っている家財道具の金額に応じて加入する保険を選びます。
貴金属など高価な品を多く保有しているならば、高い補償額の家財保険に加入した方が良いでしょう。


まとめ

 

賃貸物件の契約時には、損害保険への加入を求められる場合が多いです。
不動産会社の勧める保険に加入することもできますが、物件の契約者が自分で保険会社を探して保険契約することも可能です。
保険の補償内容や補償対象を確認してから、保険に加入してください。

投稿日:2020/08/25   投稿者:-