賃貸契約において学生が注意したいトラブルとは?対処法も把握しておこう! | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
賃貸契約において学生が注意したいトラブルとは?対処法も把握しておこう!

大学生になって、初めて一人暮らし生活をスタートする学生は多いのではないでしょうか?

賃貸契約したアパートやマンションで一人暮らしをする学生は、さまざまなトラブルに巻き込まれることが多いため、注意が必要です。

この記事では、一人暮らしの学生が気を付けたいトラブルの種類やトラブルに巻き込まれた際の対処法について説明します。

トラブルに巻き込まれないように、日頃から注意したいことをしっかりと理解しておきましょう。

 

賃貸契約を確認!学生が注意したいトラブルの種類とは

 


大学生の一人暮らしのトラブルには、大きく分けると3種類のトラブルがあります。

これらのトラブルは、大学生の一人暮らしなら、誰もが巻き込まれてしまう可能性が高いものばかりなので、日頃から注意しなければなりません。

まず、学生の一人暮らしのトラブルで、もっとも多いのが騒音トラブルです。

一人暮らしの学生は、友だちを部屋に招いて、夜遅くまで大声で騒ぐことが多く、近隣住民に迷惑をかけてしまうことが多いようです。

場合によっては、強制退去させられることもあるため、騒音には十分な注意が必要です。

学生が多く住んでいるマンションやアパートでは、騒音トラブルの被害者になってしまうケースもよくあります。

次に注意したいのが、勧誘トラブルです。

一人暮らしの学生のお宅を狙って、訪問販売員が勧誘を行い、さまざまなものを売付けられてしまうケースが頻発しています。

最後に注意したいトラブルの種類は、空き巣トラブルです。

大学生は通学で日中不在にすることが多いため、空き巣の被害に遭いやすくなります。

学生ばかりが居住しているマンションやアパートでは、どうしても防犯意識が低くなってしまいがちですので、しっかりと鍵を閉めるなどの対応が必要です。

 

賃貸契約を確認!学生がトラブルに巻き込まれたときの対処法

 

それでは、賃貸契約しているアパートやマンションで、学生がトラブルに巻き込まれてしまった際は、どのように対処すればよいのでしょうか?

トラブルに巻き込まれてしまうと、思わずカッとなって直接話に行く人もいますが、これはやめましょう。

壁を叩いたり、大声を出したり、嫌がらせをしたりする人もいるようですが、このような行為を行うと、トラブルがさらに悪化してしまい、収拾がつかなくなってしまいます。

トラブルに巻き込まれたり、巻き込まれてしまいそうになったりしたら、まず賃貸契約しているアパートやマンションの管理会社に相談してください。

住民のトラブルが長く続くと空室率が上がってしまうため、管理会社はなんらかの対応を行なってくれるはずです。

トラブルについての記録を残しておくと、スムーズに話が進むでしょう。

また、トラブルを未然に防ぐために、賃貸契約を交わす前にアパートやマンションのルールをしっかりと確認しておくと安心です。

入居前に過去にどんなトラブルがあったのか聞いておくと、どんな人が住んでいるのかもわかるため、トラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

 

まとめ

 

賃貸契約しているアパートやマンションでは、学生はトラブルに巻き込まれやすいため、注意が必要です。

 

安心して楽しい学生生活を送るためにも、トラブルが発生したら、速やかに管理会社に相談するようにしましょう。

投稿日:2020/08/18   投稿者:-