アパートとマンションはどっちがよい?メリットとデメリットをご紹介 | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
アパートとマンションはどっちがよい?メリットとデメリットをご紹介

新しい住まいを探す時は、誰しもわくわくするものです。

物件を見ていると、アパートやマンションなど選択肢がたくさんありますが、アパートとマンションの違いとは何でしょうか?

今回はそんな疑問を解決すべく、アパートとマンションの違いや、それぞれのメリットとデメリットについてご紹介します。

 

「アパート」と「マンション」の違いとは?それぞれの定義はある?

 

 

アパートとマンションの違いに、実は法的な規定はなく、定義としても明確なものはありません。

ハウスメーカーや不動産会社といった、物件を取り扱う企業内の規定によってそれぞれ分類しています。

企業ごとに判断基準は異なるようですが、一般的に、建物の構造で分類している場合が多いです。

具体的には、マンションは構造が鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造であるものを指し、階数に制限がありません。

一方アパートは、構造が木造又は軽量鉄骨造であるものを指し、階数は2階から3階程度である場合がほとんどです。

 

家賃は安い?高い?アパートとマンションのメリット・デメリット

 

まずアパートのメリットとして、家賃や駐車料金を安めに抑えられる点が挙げられます。

これは、マンションに比べてアパートは建築費が安いためです。

次に、アパートは世帯数が少ない場合が多いため、ご近所の顔が分かりやすく、ご近所付き合いもある程度出来るという点も挙げられます。

また、木造の場合は通気性がよく、部屋が湿気にくいというメリットもあります。

アパートのデメリットとしては、防犯カメラやオートロックがない場合が多く、防犯性がマンションに比べて劣る点が挙げられます。

また、防音性が低い場合が多い点もデメリットと言えるでしょう。

では、マンションのメリットにはどういった点があるでしょうか。

まず、セキュリティーが比較的しっかりしているので、防犯性が高いという点が挙げられます。

次に、その構造の特性上、耐震性、耐火性、防音性に優れているという点があります。

また、一般的にアパートと比べて大規模な場合が多く、比較的個を尊重した生活をおくれます。

そういった生活を好む場合には、メリットと言えるでしょう。

マンションが分譲賃貸などの場合、エントランスや外観、室内設備の使用がハイグレードである点もマンションのメリットですね。

マンションのデメリットとしては、アパートと比較して家賃や駐車料金、管理費等が高くなる点が挙げられます。

また、築年数によっては24時間換気がついてないもの多く、気密性が高いため結露しやすいという点もあります。

 

まとめ

 

アパートとマンションの違いや、それぞれのメリットとデメリットについてご紹介しました。

それぞれの特徴を把握して、より自分に合った住まいを見つけたいですね。

ぜひ物件を探すときの参考にしてみてください!

 

投稿日:2020/08/11   投稿者:-