マイホームを買ったのに転勤になったら?取れる3つの選択肢についてご紹介 | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
マイホームを買ったのに転勤になったら?取れる3つの選択肢についてご紹介

 

マイホームを所有しているにも関わらず、転勤することになってしまい、どのように手放したら良いか悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。
売却や賃貸、単身赴任といった手段がありますが、それぞれメリットやデメリットを知らないと後々後悔する可能性があります。
そこで、この記事ではマイホームを手放す選択肢についてご紹介していきますので、転勤をする際に参考にしてみてください。


選択肢①転勤でマイホームを売却する場合

 

転勤する際、マイホームを売却することで得られるメリットは、毎月の管理費の支払いがなくなり、売ったことによる収入が入ることです。
築年数が経つことによる劣化など、安全に家で生活をするための修理や、毎年支払う税金といった諸費用の負担がなくなります。
高値で売ることができれば、新たな資金として活用することができ、転勤の期間に変更があったときにも対応がしやすいです。
しかし、ローン残高があったとき、売値で返済することができれば良いですが、オーバーローンとなると、売るのが難しくなります。
引っ越しなどの諸費用もかかってくるので、売却するのは資金に余裕があるときが良いでしょう。

 

選択肢②転勤でマイホームを賃貸に出す場合

 

一方賃貸に出したときには、入居者からの賃料を受けられるメリットがあります。
収益物件として利用することができれば新たな収入源となるため、経済的に余裕が生まれ、さらに建物の維持管理も任せられるでしょう。
転勤の期間が決まっているときには、定期借家契約をし、契約が終了したとき入居者に退去してもらうことも可能です。
普通借家契約と呼ばれる契約方法がありますが、こちらはマイホームに再度住むという選択ができるか分かりません。
マイホームを賃貸物件にする場合、収益物件として使えるメリットがあることにくわえて、契約方法によって再度住むことも可能です。

 

選択肢③転勤で単身赴任をする場合

 

家族がいる場合、単身赴任という選択肢もありますが、転勤する期間や住宅補助制度が利用できるのかといった話し合いが必要です。
単身赴任の期間や、仮に家族全員で引っ越しをする場合に子どもが通う学校なども判断材料のひとつになるでしょう。
会社によっては、社宅が用意されていたり、住宅補助をしたりしているケースもあるので、その点もチェックが必要です。
期間が長期になるほど、家族の意思が大切になるので、じっくりと話し合いましょう。

 

まとめ

 

マイホームを売却しても賃貸物件にしても、メリットやデメリットがあります。
売却や賃貸では収入が得られますが、買い手探しや諸費用も必要です。
単身赴任を選ぶ場合、家族の意思も大切にしてください。

投稿日:2022/11/08   投稿者:-