手取り30万円の家賃はいくらが適正?一人暮らしと二人暮らしの場合を解説 | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
手取り30万円の家賃はいくらが適正?一人暮らしと二人暮らしの場合を解説

 

賃貸物件を選ぶ際は、自身の収入を考慮して適切な家賃の物件を選ぶことが大切です。
いくら水道光熱費や食費を節約しても、過度に家賃が高い賃貸物件に住んでいると家計は苦しくなってしまうでしょう。
今回は、手取り30万円の適切な家賃と生活レベルについて解説します。
賃貸物件を探している方、現在の家賃が適正か知りたい方はぜひ参考にしてください。


手取り30万円の家賃の目安は?

 

一般的に、家賃の目安は手取り金額の3割と言われています。
手取り金額が少ない場合は生活の安定を優先して住居費用を少なめに設定することも大切ですが、手取り30万円の場合は3割の基準を採用して問題ないでしょう。
つまり手取り30万円の家賃目安は10万円です。
家賃が10万円であれば、床面積の広い物件や設備が充実した物件も増え、選択肢が広がります。
なお、賃貸物件によっては家賃とは別に管理費や共益費が設定されている場合もありますが、それらも合わせて10万円を目安にすると良いでしょう。

 

手取り30万円で一人暮らしをする場合の家賃と生活レベル

 

手取り30万円の生活レベルは、家賃の値段帯によって変わってきます。
家賃が8万円の場合、住居費用が目安の10万円に比べて2割も安いため、貯蓄や食費などに多く資金が回せます。
住居の広さは少し狭くなりますが、設備や広さに強いこだわりがない場合はあまり不便を感じずに生活が可能です。
家賃10万円の賃貸物件を選択した場合は、住居費用とそれ以外の生活費のバランスが非常に良いのが特徴です。
とくに意識しなくても毎月7万円程度の貯蓄が可能であり、食費や光熱費などを節約すれば家賃8万円の場合と遜色ない金額の貯蓄も可能になるでしょう。
家賃を12万円に設定すると、都市部でも十分な広さを持つ賃貸物件に入居できます。
手取りが30万円であれば娯楽費や交際費に回す資金が足りなくなることもありません。
一方、毎月の貯蓄は4万円から5万円とやや少なめになるため、必要に応じてほかの出費をコントロールすることも大切です。

 

手取り30万円で二人暮らしをする場合の家賃と生活レベル

 

二人暮らしに適した賃貸物件の広さは、30㎡程度が目安と言われています。
これは一人暮らしの25㎡より広く、実際に生活するとお互いのパーソナルスペースも確保しなくてはいけません。
住居の候補としては、家賃10万円以上の賃貸物件が多くなるでしょう。
住居費以外の生活費を見ると、水道光熱費や日用品の購入費は2人で共有してある程度抑えられる一方、理容費や医療費はおおむね2倍の金額です。
そのため食費と貯蓄にどれだけの資金を回すかが、生活レベルを決める重要なポイントになってきます。
生活に余裕がなくなりそうな場合は、家賃の安い地域に候補を広げるといった妥協も必要になるかもしれません。

 

まとめ

 

手取り30万円の家賃目安は10万円であり、住居費用と生活費のバランスを取ればさまざまなライフスタイルに対応できます。
一方、二人暮らしである程度の貯蓄がしたい場合は、食費や通信費、光熱費などでの節約が必要になるでしょう。

投稿日:2022/11/15   投稿者:-