賃貸物件の設備が破損した場合の対応や注意点を解説! | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
賃貸物件の設備が破損した場合の対応や注意点を解説!

 

賃貸物件はあくまで部屋を借りているだけであり、退去するときは部屋を元の状態で返さなければなりません。
しかし万が一、賃貸物件に元から備え付けられていた設備を破損してしまった場合はどうすれば良いでしょうか。
今回は、賃貸物件の設備を破損してしまった場合の対応や注意点をご紹介します。


賃貸物件の初期設備とは

 

賃貸物件の初期設備は、入居した時点で大家・管理会社が部屋に用意してくれている設備です。
トイレやキッチンそのものも、部屋に備え付けの初期設備と言えるでしょう。
その他には、給湯器やガスコンロ・エアコン・ストーブ・インターフォンなどが挙げられます。
これらの設備は大家・管理会社に所有権があり、部屋を借りた方が退去時に次の部屋に持って行ったり他の設備に変えたりしてはいけません。

 

賃貸物件の設備が破損した場合の対応方法

 

賃貸物件の初期設備が破損してしまった場合、その破損が入居者の故意や過失なのか、または自然災害や経年劣化によるかで対応が変わってきます。
故意に破損させた場合は、当然入居者がその修理・交換費用を負担しなければなりません。
寒冷期に水抜きを怠り水道管を凍結させてしまったなど、過失で破損させてしまった場合も同様です。
設備が破損している・破損のおそれがあることを知りながら、長期間放置していたために破損状況が悪化した場合も修理費用を請求される可能性があります。
一方台風などの自然災害で破損してしまった場合や給湯器などが経年劣化により使えなくなった場合など、入居者にまったく非がない場合は修理・交換費用を大家や管理会社が持ってくれる可能性が高いです。
こういったことが起こった場合は契約書を確認し、すぐ大家や管理会社に連絡しましょう。

 

賃貸物件の設備が破損した場合の注意点

 

賃貸物件の設備が破損した場合、それが初期設備か残置物かを確認することが大切です。
残置物とは大家が設置したものではなく前の住人が残していった家具・家電などで、大家や管理会社が次の方もそのまま使えることを理由にそのままにしていくことがあります。
その残置物が破損した場合、大家や管理会社は修理費用を持ってくれないことが多いでしょう。
ただしその残置物を大家が買い取って次の入居者に残している場合、その所有権は大家にあります。
その場合破損が故意や過失によるものでなければ、残置物であっても大家や管理会社が修理してくれる可能性もあるでしょう。
一方入居時に残置物があっても、その残置物を大家が買い取らず次の入居者に処分を任せる場合があります。
その場合は設備を破損させても、当然修理費は入居者負担です。
ただその設備は退去時の原状回復義務の範囲に含まれないので、破損した設備を修理して返したり同じ家具家電を弁償したりする必要もありません。

 

まとめ

 

賃貸物件の設備はすべて他人の所有物を借りているだけで、丁寧に扱う必要があります。
万が一破損させてしまったときはそれが入居者に非があるか、初期設備か残置物かといった注意点を確認し、修理が必要ならすぐ大家や管理会社に連絡しましょう。

投稿日:2022/11/22   投稿者:-