新婚夫婦が暮らすお部屋の家賃の目安は?安く抑えるコツと注意点もご紹介! | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
新婚夫婦が暮らすお部屋の家賃の目安は?安く抑えるコツと注意点もご紹介!

 

新婚夫婦が初めて住むお部屋の家賃は、果たしていくらぐらいが妥当なのでしょうか。
新生活は何かと物入りなので、新居にかけるお金はなるべく抑えたいという夫婦もいらっしゃるはずです。
そこで今回は、新婚夫婦が暮らす賃貸物件の家賃の目安や抑えるコツ、さらに注意点についても解説するのでぜひ参考にしてください。


新婚夫婦が暮らす新居の家賃の目安とは?

 

一般的に、家賃は手取り額の3割以下、できれば2割くらいに収めるのが良いとされています。
たとえば、新婚夫婦の世帯収入の手取り額が32万円の場合は9万6,000円以下が目安となり、6万円台に抑えられればさらに安心です。
賃貸物件の賃料は毎月同じ額であり、節約するとなれば安い賃貸物件を探して入居するしかありません。
また、夫婦の生活スタイルやライフプランによっても目安額が変わります。
共働きで子どもの予定がない夫婦は多少高くても問題ありませんし、子どもがほしくてほかにもお金を使いたいご夫婦は少し抑え気味にしたほうが良いでしょう。

 

新婚夫婦が賃貸物件の家賃を抑えるコツとは?

 

新婚のご夫婦が家賃を抑えるには、お勤め先の福利厚生のうち「住宅手当」を使うという手段があります。
会社によって制度が異なるため、まずはご自分の会社の住宅手当について確認してから、利用できるようであればお引っ越しと同時に申請しましょう。
もし住宅手当が利用できないのであれば、特定優良賃貸住宅やUR賃貸住宅を選ぶと良いでしょう。
特定優良賃貸住宅やUR賃貸住宅には家賃補助制度があるので、初期費用や家賃を節約できます。
また、条件を増やしすぎると賃料の高い賃貸物件しか候補に残りません。
どうしても譲れない条件だけはそのままにして、ほかの条件についてはある程度妥協することも必要です。

 

新婚夫婦が賃貸物件を借りるときの注意点

 

新婚のご夫婦が賃貸物件を借りる際は、予算についてしっかり考えて、予算をオーバーする物件は避けることが注意点です。
なるべく条件の良いお部屋で新生活を始めたいという気持ちも大切ですが、予算オーバーの物件だとそのあとのライフプランに影響が出てしまうかもしれません。
とくに、将来的にはお子さんがほしいご夫婦や持ち家がほしいご夫婦は、予算の範囲内に家賃を抑えて貯蓄に回すことをおすすめします。
結婚後のライフプランについては、生活費をどのように負担するのかも含めて、しっかりと話し合って決めましょう。
そのうえで、ご自分たちにあった家賃の賃貸物件を探すことが大切です。

 

まとめ

家賃の目安は手取りの2割から3割とされ、新婚夫婦の生活スタイルやライフプランによっては抑え気味にしたほうが良い場合もあります。
可能であれば、お勤め先の住宅手当を利用するとさらに安く抑えられます。
また、予算を決めてその範囲内でお部屋を探すように心がけましょう。

投稿日:2022/11/29   投稿者:-