実は大誤算!一人暮らしの家賃、「3分の1」では大赤字? | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
実は大誤算!一人暮らしの家賃、「3分の1」では大赤字?

これから横須賀で一人暮らしをご予定の方は、賃貸物件を選ぶ際に何を基準とされていますか?

やはり「家賃」をひとつの目安とされている方がほとんどだと思います。

 

しかし、以前から言われてきた、「一人暮らしの家賃は給料の3分の1」といった目安。

本当に正しいのでしょうか?

 

「3分の1」の実態

 

 

一般的に


 家賃は給料の3分の1を目安にしたら、無理なく生活する事が出来る。


と言われています。

お給料が21万円なら賃料は7万円程度。

18万円なら賃料は6万円程度。

12万円なら4万円程度・・・・

 

一見、予算に見合った目安のように思えますが、実際に生活する上で、出費となるのは家賃だけではありません。

自由に使えるお金は、賃料を引いた金額となります。


収入が21万円なら、自由に使えるお金は14万円。

12万円の方なら、8万円で1ヶ月を過ごさなければなりません。

なにやら、「3分の1」という目安だけでは、収入によっては生活がかなり苦しくなってしまうようです。

 

一人暮らしには他にも必要な費用がこんなに沢山!

 

生活をする上で、必要な費用は他にもたくさんあります。

一般的なもので、

 

・食費         約3万5千円

・光熱費        約1万1千円

・ケータイ料金     約1万円

・交際費        約1万5千円

・日用品        約5千円 

 

などなど、ざっと計算しただけでも8万円近くなってしまいます。

この他にも、医療費や車の維持費、税金等、不定期に掛かってくるものもあります。

生活に余裕を持たせる為にも、自由に使えるお金を多めに確保しておおく必要がありそうですね。

 

真の「家賃の目安」とは?

 

では、一人暮らしをするにあたり、お部屋はどういった基準で選べば良いのでしょうか。

大切なのは、家賃をいくらにするか ではなく 自由に使えるお金をいくら確保できるか という事です。

具体的には、家賃は給料の4分の1程にとどめておく事が理想的です。

 

特に、初めての一人暮らしでは、無理な金額の物件を選ばないのが生活を圧迫しないポイントです。

実際に生活を始めてみて、「光熱費は大体このくらい」「この地域の住民税はこのくらい」

などと、様々な知識がついてきます。

そして節約の方法なども次第に身についてくるはずですよ。

横須賀で予算に合う賃貸物件を探そう!

初めての一人暮らしでは、やはり賃料を抑えたほうが懸命です。

次第に自分でもどのくらいのお部屋なら無理なく生活できるか、分かってきますよ。

投稿日:2019/10/15   投稿者:-