【横須賀で一人暮らし】初期費用はどのくらいかかる? | 横須賀市周辺の不動産をお探しなら三協ハウジング株式会社にお任せ下さい。

横須賀市・追浜の不動産は三協ハウジング株式会社

営業時間9:30~18:30(日祝18:00)定休日毎週水曜日・第3火曜日/年末年始/GW/夏季

その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約
【横須賀で一人暮らし】初期費用はどのくらいかかる?


 

賃貸を契約する時はいくらかかる?


横須賀市内で平均的なワンルームの賃料の相場は50,000円

この部屋を契約するときに具体的にはいくら用意をしたらいいのでしょう?

必要なお金は以下の通りです。

 

・敷金・・・50,000円

敷金・礼金ゼロの物件も中にはありますが、今回は通常の場合でご案内します。

敷金は、大家さんに預けておくお金。

家賃を滞納してしまったり、退去時の部屋の修復費用などに使われます。

退去時に家賃滞納も無く、修復も必要なければ手元に戻ってきます。

今回は1か月分の50,000円とします。

 

・礼金・・・50,000円

これは部屋を借りる時の感謝の気持ちとして、大家さんに支払うお金です。

礼金のように、戻ってくるお金ではありません。

今回は1か月分で計算します。

 

・前家賃・・・75,000円

賃貸物件の家賃は基本的に前払いなので、翌月分の家賃と入居した付きの日割り分家賃を前家賃をして支払います。

月の途中、15日から入居した場合、日割りで25,000円と翌月の家賃5万円が必要です。

 

・仲介手数料・・・50,000円(プラス消費税)

不動産業者がお客様から手数料として貰い受けるお金です。

仲介手数料は家賃の1ヶ月分が相場です。

 

 

・火災保険料・・・15,000円

火災や水害など、災害の被害に対する保険で、ほとんどの物件で加入を必須としています。

費用は2年間で15,000~25,000円程度が相場です。

今回は15,000円とします。


・保証料・・・25,000円

最近は連帯保証人を立てずに、家賃保証会社に加入することが必須となることがほとんどです。加入する保証会社にもよりますが、今回は家賃の50%、25,000円として計算します。

・鍵の交換費・・・10,000円

入居時、または退去時に支払う場合もあるので、契約時に確認が必要です。

今回は入居時に支払う物件で計算します。

 

5万円の賃貸物件の契約をする時には、少なくとも275,000円が必要になるわけです。

 

・引越しに必要なお金・・・30,000円

お金をあまりかけたくない場合、自分や友人に頼んで引越しを行うのがベターです。

しかし荷物が多くてプロの手を借りなくては引っ越しが難しい場合、引越し業者に依頼する事になります。

業者に依頼した場合は距離や引越しをする季節によっても引っ越し料金は違いますが、大学生の平均引越し費用は30,000円程度となっていますので、今回は30,000円で計算します。

業者を依頼する場合、引っ越し代を安く抑えるには土日を引越し日に選ばない事や、午後からの引越しを選ぶなどすると若干料金を抑えられます。

ちなみに、引っ越し件数が多い2月~4月前半は料金が高くなり、4月後半から夏にかけては引越し料金は安くなる傾向が見られます。

また、業者に依頼するときには複数の業者に見積もり依頼する事も忘れないでください。

 

・家具・家電を揃えた場合・・・100,000円

ベッドや冷蔵庫、炊飯器や電子レンジ、洗濯機など、生活に必要な家具・家電を揃えた場合、一般的には10万円程度が必要になるようです。

もちろん、家具家電はリサイクルショップなどを利用すればもっと金額は抑えられるでしょう。

しかし家電などは中古品の場合は故障も起こりやすいため、新品を揃えた方が維持費が掛からない場合もあります。

 

おわりに


5万円の賃貸物件に暮らす場合、初期費用を計算すると少なくとも405,000円が必要となりました。

今回ご紹介した金額は、あくまでも目安の金額であることをご了承ください。

しかし、どのくらい費用がかかるか知っているのと知らないのとでは安心感が違います。

投稿日:2019/09/10   投稿者:-